これだけ知っておけばOK!Facebook主導の暗号通貨「Libra」4つのこと

6月18日、Facebookは暗号通貨「Libra」を2020年内に開始することと、関連子会社として「Calibra」について発表しました。ビットコインブームが過ぎ去ってしまった日本では、思ったより話題になっていないものの、『Facebookが主導する暗号通貨』となれば、IT業界に所属している一人としては、どんなものであるのか触りだけでも把握しておきたいものです。

Libraのホワイトペーパー含む、ホームページは世界9カ国語で用意されていて、日本語も含まれています。そこまでボリュームがあるわけでもないので、時間のある人はじっくり読んでみても良いかもしれませんが、今回は忙しい方々のために「Libra」について5つのポイントに絞って紹介します。

1. Facebookではない

FacebookがLibraを管理するわけではありません。あくまで主導というのがポイントで、Libra自体はスイス・ジュネーブに置く非営利組織Libra協会が管理を行ない、Facebookはそのメンバーになる。Facebookの他にも、Visa、Uber、Coinbase、Andreesen Horowitzをはじめ、28の創設メンバーによって構成され、2020年までには加盟組織100を目指しています。

2. ステーブルコイン

Libraはステーブルコインです。これまで暗号通貨は、通貨として使用するにはボラティリティが高く、不適切だとされてきました。そのデメリットを解消するために、生まれたのが価格が安定する暗号通貨「ステーブルコイン」です。

ステーブルコインを実現するために、経済が安定している複数の国の通貨(USD/EUR/GBP/JPY)を担保にしています。また、通貨だけでなく証券や短期国債も対象とし、バスケット型として発行されます。この裏付けされる資産は、Libraリザーブと呼ばれていきます。

3. ウォレット「Calibra」

関連子会社「Calibra」は、同名のウォレットを開発し、ユーザーが簡単にLibraを入手できるようにしようと試みています。ウォレットは、Facebook MessengerやWhatsAppでも利用可能になり、ユーザー同士による送金だけでなく、店頭での支払いや、請求書の支払い、公共交通機関への運賃まで決済範囲に網羅しようとしています。

4. オープンソース

オープンソースです!現在はテストネットがGithubで公開されていて、ドキュメンテーションも一部読むことができます。まだ、試し切れてはいないのですが、開発にはMoveという新しい言語が使用されています!

ブロックチェーン、暗号通貨に関する議論は多くの著名人がTwitterで交わしてるのを見てきましたが、Facebookクラスの大企業が参画するのは今回が初ではないでしょうか。ホワイトペーパーの冒頭では、「世界中で17億人の成人が従来の銀行を利用できずz、金融システムの外にいます。10億人が携帯電話を持ち、約5億人がインターネットにアクセスできるにもかかわらずです。」とあります。

Libraの共同創設者の中に、PayPal元社長のDdavid Marcus氏の名前がありました。彼らが狙うのは次世代におけるPayPalなのか、あるいはもっと大きいのか。いずれにせよ、2,100億人(InstagramやWhatsApp含む)が利用するFacebookのプラットフォームを存分に利用することになる暗号通貨、調べてみたら結構楽しみになってきました!